ミハタの38~40

3-013 mihata38ホツマツタヱは、“ヲシテ文字”という日本の古代文字を使い、五七調で
書かれています。内容はホツマの紹介文というべき奉呈文から始まり、その
後は、1~40のお話(ホツマでは「アヤ」と言う)で構成されています。
本書では、そのうち38~40アヤまでのヨミ・訳を掲載しています。
※38~40アヤに関しましては、ヲシテ文字の原文は掲載しておりません。